海外では体力の消耗が少ない「無痛分娩」が一般的です。

MENU

海外の出産事情

 

外国人家族

 

日本における出産事情

日本では出産に際して「里帰り」や「床上げ」といった文化が根付いています。

 

これは出産を終えた後の女性の肉体的な消耗が激しく、産後の一定期間は赤ちゃんのお世話や自身の身の回りのお世話を家族に手伝って貰う必要があったから根付いた文化だと考えられています。

 

そのため、現在でも日本では出産を控えた女性が一時的に実家へ里帰りをしたり、産後しばらくは布団を敷きっぱなしにして体力の回復に努める姿が散見されます。

 

ちなみに床上げという言葉は「産後に身体を休めるために敷きっぱなしにしていた布団を上げる事」を意味しています。

 

医学がそこまで進歩していない時代では産後に女性が長らく寝たきりになったり、そのまま亡くなってしまうというケースが頻発していました。日本ではそうした事態を防ぐ為に里帰りや床上げといった文化が発展してきたのだと考えられます。

 

気になる海外の出産事情について

日本では当たり前のように行われている「里帰り」や「床上げ」といった文化海外から見ると非常に珍しいものに映るようです。

 

海外の出産事情は日本とは異なり、出産のために里帰りをする事はほとんどなく、産後も身体を休める期間を設けず日常生活に戻る女性が大半を占めています。

 

日本の場合、激しい痛みを伴う「自然分娩」で出産を行う女性がほとんどですが、海外では体力の消耗が少ない「無痛分娩」が一般的となっています。

 

そのため、産後はそれほど体力の消耗もなく母親の回復が早いという特徴があります。

 

日本では古来より家事や育児は女性の仕事とされてきましたが、産後だけはそれらの仕事を免除できるように里帰りや床上げといった文化が発展したという経緯があります。

 

しかし、海外では男性が家事や育児を行うのは当たり前の事として認識されているため、産後の女性が日常生活に復帰するまでの期間が短くても男性のフォローが期待出来るので特に問題は無いというわけです。

 

最近では日本でも家事や育児を手伝う男性の事を指す「イクメン」という言葉が根付いてきていますが、まだまだ海外に比べると男性側の家事や育児に対する意識は低いというのが現状です。