痛みを感じることなく、リラックスしたまま出産できるので、母体と赤ちゃんの消耗を抑えられます。

MENU

無痛分娩

 

無痛分娩の概要や特徴を解説

 

出産は多くの女性にとって人生最大のイベントのひとつですが、自然分娩の場合は激しい痛みに耐える必要があるので最近では「無痛分娩」を選択する人も増えてきています。

 

無痛分娩とは麻酔を使って陣痛や会陰が伸びる際に伴う強烈な痛みを緩和しながら行う出産法の事です。

 

無痛分娩は基本的に赤ちゃんへの影響をほとんど与える事なく痛みを和らげながら出産できるので緊張し易い人や出産への不安を抱えている人、そして痛みに弱い人にオススメの分娩方法と言えます。

 

無痛分娩を行う際には部分的に麻酔を施す「局所麻酔」と全身に麻酔を施す「全身麻酔」を使い分けながら行います。

 

もっともポピュラーな「硬膜外麻酔」では陣痛を緩和して子宮口が5センチほど開くのを待ってから麻酔を注入していきます。

 

この硬膜外麻酔は局所麻酔なので意識を失う事なく出産に臨む事が出来ます。

 

そのため、硬膜外麻酔は赤ちゃんの産声を聞きたいという女性や生まれた瞬間に立ち会いたいという女性に人気の高い出産法です。

 

 

無痛分娩のメリット

 

無痛分娩は痛みや苦しみをほとんど感じる事なく赤ちゃんを出産できる画期的な方法として知られていますが、もっとも大きなメリットとしては「出産に要する時間を短く出来る点」が挙げられます。

 

通常、自然分娩では女性のコンディションや疲労具合によって出産に要する時間が左右されますが、無痛分娩であれば苦痛を伴わずに出産に臨む事が出来るので、分娩に掛かる時間が長引くのを防ぐことが出来るというメリットがあります。

 

また、無痛分娩で使用される麻酔には血圧を下げる効果があるため、妊娠中毒症や高血圧を予防しながら出産を行えるという利点もあります。

 

さらに局所麻酔である硬膜外麻酔であれば母親の血液中に麻酔薬が侵入する事もないので赤ちゃんへの影響を心配する事なく出産に臨むことが出来ます。

 

無痛分娩の流れとしてはまず最初に入院をして通常のお産と同様に内診や問診を受けます。

 

陣痛が始まってからの麻酔では痛みが辛いので入院後すぐに麻酔を注入する際に使うカテーテルを背中に挿入します。

 

その後、赤ちゃんの状態を確認しながら麻酔薬を注入するタイミングを見計らいます。

 

麻酔を注入したらあとは通常の分娩と同じですが、無痛分娩の場合は痛みを感じる事なくリラックスしたまま出産に臨めるので母体と赤ちゃんの消耗を最小限に抑える事が出来ます。