乳腺炎になると、おっぱいにしこりが出来たり、炎症による痛みや発熱などの症状が現われます。

MENU

乳腺炎

 

乳腺炎に陥る原因として考えられる事

 

女性にとって乳房は女性としての象徴であり、大切な我が子を育てるための重要なツールでもあります。

 

特に赤ちゃんが生まれて授乳している時は女性にとって至福の時間となりますが、この授乳期には「乳腺炎」に陥るリスクも高まるので注意が必要です。

 

乳腺炎とは乳腺に母乳が詰まることで引き起こされる炎症の事で、基本的には授乳期になると発症し易いと言われています。

 

乳腺炎になるとおっぱいにしこりが出来たり、炎症による痛みや発熱などの症状が現われます。

 

母乳が乳腺に詰まって起こる乳腺炎は「急性うっ滞乳腺炎」とも呼ばれ、乳管の狭い初産の女性や断乳、卒乳などの影響により母乳がおっぱいの中で滞り易い状況の女性が発症し易いと考えられています。

 

このタイプの乳腺炎に陥ると乳房が赤くなったり乳頭に白く詰まった母乳が見えたりするようになります。

 

また、何らかの原因で乳腺が細菌感染すると「化膿性乳腺炎」と呼ばれる症状に陥る事があります。

 

このタイプの乳腺炎は症状が進行すると激しい乳房の痛みや腫れを引き起こし、全身の震えや悪寒、高熱などの症状が現われてきます。

 

 

乳腺炎への予防策と対応策

 

乳腺炎になってしまった場合は専門医が常勤する病院を受診するのが一番ですが、乳腺炎に陥らないための予防策としては「赤ちゃんに母乳を吸ってもらう事」が何よりの対策となります。

 

細菌性の乳腺炎であれば別ですが、一般的な母乳が乳腺に詰まって起こるタイプの乳腺炎であれば赤ちゃんに母乳を吸ってもらう事でしこりや痛みを解消する事が出来ます。

 

赤ちゃんはお腹が空いている時であれば大量の母乳を飲むので、しこりや痛みがある側の乳房から授乳を行うようにすれば効果的に乳腺炎の症状を解消できます。

 

また、日常的に赤ちゃんに母乳を吸わせたり、自分で搾乳する事によって効果的に乳腺炎を予防する事が出来ます。

 

ちなみに乳腺に雑菌が侵入してしまうと化膿する可能性があるので、必ず授乳前後には乳首を清潔に保つためのケアを行うように心掛けることが大切です。